お客様に人気の商品!, Uncategorized

実際に東京堂に来ていたお客さんが、1番よく手に取った造花グリーン【その14】

こんにちは。造花.infoのみゆきです。

今回の調査で1位に輝いたのは、

細葉ユーカリです!!!

ユーカリはやはり人気がありますね。

本店3階のユーカリコーナーと、

同じく本店2階のローズコーナーに置いてありますよ。

ローズコーナーにはこちら↑のポップも飾ってありました。

定番グリーン人気アイテムです。

この細葉ユーカリを手に取った方の中には、

「家に飾ってある花に、これ(細葉ユーカリ)を足すの。」と一緒に来ていた方に言っていました。

雰囲気やボリュームを自然に変えたりできるのも、人気の理由なのかもしれませんね!

では早速、花束を作ってみます。

まずはこちら。

細葉ユーカリを2本使っています。

色合わせは良いとしても、形がいけないのか、まとまりがありませんね…。

次に作ったのがこちら。

白いアジサイで手元にボリュームを出しました。

ちょっと全体のバランスが気になったので、高い位置にあるラベンダーを調節してみます。

これで先ほどよりまとまりましたね!!

細葉ユーカリもいい感じに存在感があります!

上で作ったアレンジをそのまま逆さまにしてスワッグ(壁飾り)にしてみました!

これはこれで、まとまっていて良いですね!!

スワッグなら場所も取らないし、プレゼントにも良さそう!!

最後に、1階でひまわりが目に入ったので合わせてみました!

このひまわりの葉っぱは白っぽく、細葉ユーカリの葉の色と近かったので選びました!

ひまわりの明るいオレンジ色が引き立ってキレイですね!!

どこか涼しさも感じます。

【おまけ】

形も色もキレイなガラスの器を見つけたので細葉ユーカリを1本挿してみました。

(写真が見づらくてすみません…)

玄関や客間に良いかも!と思いました。

 

広告
デモンストレーション, Uncategorized

【デモンストレーション】ひまわりをオシャレに楽しむ!MAGIQトロピカルサマー

 

こんにちは。造花.infoのみゆきです。

 

昨日、東京堂で行ったデモンストレーションに参加してきました!

 

以前、別のデモンストレーションに参加したときと同じ先生でした。

先生に、「また来たね~!」って声かけてもらって、うれしかったです♪

説明はわかりやすく明確で、作業する手も早いのであっという間の1時間でした。

 

先生に教わったテクニックも交えて、3作品をご紹介します。

 

 

 

まず1点目、ハワイアンレイです。

首にかける飾りですね。

カーネーションのような茶色いオーナメントは、レイの土台に使ったヒモでできています。

毛糸やスズランテープで作るポンポンと同じ作り方です。

土台の素材を使うことで、作品に統一感が出るそうです。

 

土台のヒモは三つ編みをして作ります。

そこに花材を直接グルーガンでつけていくと完成です。

花材はあらかじめ花首だけにしておくと作業が早いです。

付けるときのポイントは、花材の向きです!

黄色とオレンジの花が同じ所から出ているのがわかりますか?

全てを上向き↑ に付けるのではなく、横から見たときに180度展開↖↗ するように付けます。

そうすることで隙間が埋まり、少ない花材でもボリュームを出すことができます。

 

作業的には簡単ですが、ちょっとしたポイントを意識すると完成品に差がでてきます。

 

 

2点目は壁飾りです。

こちらも1点目同様、土台は三つ編みで作っていきます。

きつく編めば跡がついて、手を放してもほどけないそうです。

今度は1点目より大きく重たい花材を使うので、グルーガンで直接つけるのではなく、花材を束ねたものを最後に土台に付けます。

花束を作る感じで、ワイヤーでとめていきます。

軽い花材は後からグルーガンで付けてもいいそうです。

上の写真で先生が手に持っている花材が今回のポイント!!

 

 

ニュアンスカラーの花材です。

 

ニュアンスカラーの花材とは、比較的暗いトーンの色が2色以上ある花材のことで、他の花材の色同士をまとめてくれたり明るい色を引き立てる効果があります。

グラデーションがある花材を選ぶといいですね。

中心付近のつぶつぶした花材が今回のニュアンスカラーです。

 

できた花束をワイヤーで土台に付けたら完成です!

壁が傷つかないようにワイヤーの留め口が裏に来ないようにします。

こちらは小さいバージョンです。

これくらいの花材の量ならグルーガンで土台に直接つけても、重さに耐えられるので平気だそうです。

 

 

最後は花束です!

メインに使ったレモン色のひまわりは結構人気があるそうです。

いつもと違った雰囲気の爽やかなひまわりですね。

面がある花材はメインの花より少し下げて束ねるのがポイントです!

この花束の場合メインがひまわりなので、引き立たせる為にラナンキュラスとアンスリウムは下げて束ねます。

ここでも登場しました。ニュアンスカラーです!

確かにニュアンスカラーを入れることで、ひまわりが強調され全体がまとまって見えます。

ただ束ねて結んだヒモも入っています。先ほど入れたラナンキュラスと同じ色です。

花材だけでなく、小物使いも上手な先生です。

 

 

 

デモが終わって1階に降りてみると、レモン色のひまわりを使ったアレンジがいくつかありました。

 

ニュアンスカラー、入っていますね。

先生に教わってから意識して見てみると、今までと違った見え方になります。

美術館で音声案内を聞きながら見て回るような感じです。

 

デモンストレーションの最後に花束を作ってくださったので、私も挑戦してみました!!

ニュアンスカラーと、花材の上下を意識しました。

教わった後なので1発でこれが完成しました。

 

花束以外でも今回教わったことを活かして、どんどん作品作りしていきます!!

是非、お楽しみに!!