イベント&展示会, Uncategorized

【石崎恵 先生】キレイなブルーの世界!!

こんにちは。造花.infoのみゆきです。

先日、東京堂本店6階で展示されている『石崎恵展』に行ってきました!!

6階に上がると、キレイなブルーの世界が広がっていました!

まず目に入ったのはこちらのアレンジ。

ポスターにも載っている、今回の展示の顔ですね!

近くに寄ってみると、

青いバラのメリアです!!

※メリアとは何輪かの花の花びらを一度バラバラにして再度接着していき、ひとつの大きな花を作る技法です。バラ以外にユリやカーネーションでも作ることができます。

とてもキレイです。ドレスのよう。

こちらはバラの花びらの中にカーネーションの花びらが。

中心の白いパールがアクセントになって高級感がありますね!

プリザーブドフラワーやドライフラワーが細かく使われていて、絵画のよう。

近くでも手もこの通り!!

ずっと見てても飽きません!

ブルーの使い方が上品で、ついつい見入ってしまいました!

同じブルーでも明るさが違ったり、白をアクセントに入れたりして全体がまとまっていますね。

石崎恵展は、明日(最終日) 22日(金)16時まで展示してますよ!

 

広告
イベント&展示会, Uncategorized

【まるで海外! 】 横浜山手西洋館ブラフ18番館に造花があったので詳しく見てみました!

 

こんにちは。造花.infoのみゆきです。

 

先週、横浜山手西洋館ブラフ18番館に行ってきました。

そこでは東京堂の商品を使って装飾がされてたので、実際に使われていたものをお店で詳しく見てみました!!

 

 

JR根岸線の石川町駅から5分くらい歩くと洋風な建物が見えてきます。

館内は、靴を脱いで自由に見学することができます。

 

 

まず目に入ったのは暖炉の上に飾られていたこのアレンジです。

作品には触れられないので、どのようにして作られているかわかりませんでした。

 

花器の上の部分にフォームを入れて挿しているのだと予想しました。

なぜそう思ったのかというと、中心付近の花と同じものが東京堂で見つかったのですが、長さが25cm程しかありませんでした。

束で販売しています。

花器の下の方まで茎を回すには長さが足りないと思いました。

こちらの束にあるグリーンもアレンジに入っていました。

 

 

下に垂れている実ものも東京堂にありました。

実の部分は発泡スチロールでできています。

葉っぱも細かく色付けされていて雰囲気があります。

洋風の建物や家具に似合います。

 

 

右奥の白い花(ビバーナム)も東京堂にありました。

東京堂のスタッフさんに聞いたら、このビバーナムは人気商品だそうです。

※次回のブログでさらに詳しくご紹介します。

 

そしてカーネーションの手前にあるピンクの小花ですが、東京堂では取り扱いがないので、似たものを教えてもらいました。

2つともピックで、長さが20cm程になります。

 

カーネーションも東京堂の商品らしかったので、花器とピンクの小花があればこのアレンジを再現することができます。

色や形の組み合わせや、アレンジ全体のバランスの参考になります。

 

 

 

別の部屋には、丸テーブルに可愛らしいアレンジが飾られていました。

どれが造花かわかりますか??

 

 

正解は、

中心のこちらのアレンジと、

その手前のカーネーションです!!

あとは生花でした。

 

中心のアレンジの、緑色の実ものが東京堂にありました。

枝の部分がワイヤーになっているので加工がしやすいです。

 

メインのピンクの花は取り扱いがないらしく、スタッフさんに近いものを教えてもらいました。

咲き方が異なるスプレーバラです。色も近ですし代用できそうです。

 

カーネーションはこちらです。

6本で1束になっています。色が8種類あるので用途に応じて使えて、重宝します。

全体が細かく作られています。

 

 

いかがでしたでしょうか。

ショールームにもアレンジやディスプレイがたくさん飾られていますが、たまには別の場所で飾られている造花に注目して、なにがどう使われているか勉強してみようと思います!!

皆さんががよく利用する駅、ショッピングモール、病院などに飾られている花にちょっと注目してみてください。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントお待ちしております。